アジサイの育て方で注意すべき点!乾燥に気をつけておく

植物

綺麗なアジサイを咲かせるには・・・

アジサイを綺麗に育てるためには、いくつかポイントがあります。素敵なお庭にするためにも、知っておきたいところでしょう。初めてガーデニングを始める方やそうでない方もここでポイントを確認しておくと良いです。アジサイを育てる上でポイントとなるのは、ずばり水やりの方法と育ちやすい土作りになります。また、育てたいアジサイの色によってもお手入れ方法が変わってくるので、しっかりチェックしておきましょう。

園芸用品

より綺麗な庭にするために

「綺麗なアジサイを際立たせたい」と考えているのであれば、定期的な草むしりなどの手入れを行なうことが大事になります。しかし、手入れによって庭の印象は大きく左右されるので、専門知識のある造園業者に依頼すると安心です。

庭の手入れをセルフで行なうか業者に依頼するかの比較

セルフ

セルフでお手入れをする最大のメリットが、お金がかからないということです。また、時間がある時に、いつでもお手入れができるという手軽さがあります。

業者

業者に手入れを依頼すれば、イメージ通りの庭を手に入れることができるでしょう。ですから、庭の手入れが分からなくても問題ないです。

アジサイのことを知ろう

華やかな庭にするために、大きな役割を担うアジサイを綺麗に咲かせるにはアジサイのことを知ることが重要になります。なので、アジサイに関するQ&Aを見ておくようにしましょう。

アジサイに関するQ&A

ウーマン

アジサイの育て方は難しいですか?

アジサイは基本的に簡単に育てることができます。しかし、乾燥に弱いので、乾燥しないように注意しましょう。

アジサイはどこに置くべきですか?

アジサイを置く場所に相応しいのは、日当たりの良い場所が好ましいです。また、明るい日陰でも問題ありません。このように、完全に日陰にならなければ問題なく育つことができます。

水やりが大切って聞いたんですけど本当ですか?

水やりがアジサイを育てる上で最重要といっても過言ではありません。なので、土の表面が乾いていれば、たっぷり水を与えてあげて下さい。

アジサイの色を変える方法ってなんですか?

アジサイの色を変える方法は、土を酸性にするかアルカリ性にするかになります。酸性であれば、青色のアジサイになり、アルカリ性ならピンクのアジサイになるのです。このように、土を変えるだけで色が変わるので、何ら難しいことはないといえるでしょう。

広告募集中